初心者にお勧め!ランニングキャップの選び方

ランニング

こんにちは。市民ランナーのどんぐりです。

さあ、10月になりました。
朝晩涼しくなって、運動しやすい気候になりましたね。
今からランニングを始めよう、とお思いの方も多いのではないでしょうか。

シューズは買った、ウエアもバッチリ。
あれ?ランニングキャップはあります?
え、いらない?何を用意すればいいのか分からない?

今回は、そんな初心者ランナーさんのためにランニングキャップの選び方をお伝えします。

ランニングキャップ、結構大切なアイテムなんです。

ランニングキャップをかぶる目的

日差し対策

多くの人がまず考えるのが、日焼け防止ですよね。
日差しを浴びると日焼けだけでなく、身体が疲れたり熱中症になったりします。
だから日差し対策は必須なんです。

雨よけ

走っている途中で雨が降ってくることもあります。
そんなとき、ツバのあるキャップは雨による視界不良を和らげてくれます。

また、キャップがあることで頭も濡れにくくなります。

絶対に頭をぬらしたくない!という方には、防水性や撥水性のあるキャップもいいですね。ただし、汗で頭が蒸れやすくなるかもしれません。

汗対策

ランニング中は頭から汗が流れてきても、気軽に拭くことができません。
顔に汗が流れてくると集中力が途切れてしまいますね。

ランニングキャップをかぶっていれば、キャップが汗を吸収し、額に流れてくるのを防いでくれます。

シーン別キャップの選び方

どのシーンでも、頭にフィットするものを選ぶ

走っている間に風で飛ばされてしまうようでは困りますから、サイズ選びは大切です。

できるだけ試着しよう

ランニングキャップは、サングラスを併用することを想定して、一般的な帽子よりも浅めに小さく作られています。

最初は違和感を覚えやすいので、できれば試着してみるのがベストです。

サイズの測り方

試着できない場合はしっかりサイズを測ってから購入すると良いでしょう。

サイズの測り方は、おでこの一番出っ張っていいる部分から耳の下を通り、後頭部の一番出ている部分をメジャーで測ります。

サイズ調整機能

ランニングキャップにはアジャスターがあります。
自分に合うサイズの帽子をアジャスターで調整して、しっかりフィットさせて被りましょう。
ベルト式のアジャスターなら、フィット感も調整できおすすめです。

春から秋の日差し対策

まずは通気性!

真夏はもちろん、あるから秋にかけてであれば通気性が大切です。
ランニングをしていると汗や体温で頭に熱がこもります。
そうなると、疲れてパフォーマンスが低下します。

メッシュ素材や通気孔のあるタイプなら、群れや熱を外に逃がしてくれます。

日よけ部分があるか

キャップのツバの長さも重要です。
短すぎると日光が直接顔に当たりますからね。
つばの長さは7㎝以上がベスト。

更に日差しや紫外線をカットしたい場合には、サンシールド(日よけカバー)付きのキャップがオススメです。

UVカット機能

UVカット機能があるキャップなら、日焼けのリスクを更に軽減できます。

早朝・ナイトラン

暗い時間帯にランニングをするのなら、リフレクター(反射板)つきがおすすめです。
ライトに反射して光るので車や自転車から見えやすくなり、事故を防ぐのに役立ちます。

雨の日・シャワーラン

雨の日に走るなら、防水・撥水加工のあるキャップがいいでしょう。
雨をはじき、ビショビショになるのを防いでくれます。

ただし、防水・撥水機能のあるキャップは通気性が良くないです。
たくさん汗をかく夏には向きません。

おすすめランニングキャップ5選

ASICS ランニングクロスキャップ

汗濡れに対応するポリエステル素材素材のランニング用キャップです。
オーソドックスなデザインでさまざまな使用シーンで、幅広い使い方が可能。
無段階調整が可能なベルトタイプで優れたフィット感。
紫外線に対応するUVケア機能つき。

ASICS ランニングUVクロスキャップ XXC188ASICS ランニングサンキャップ

created by Rinker
¥3,080 (2023/02/03 00:34:39時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらもアシックス。
特徴は何と言っても日よけ
後頭部や首筋を日差しから守ってくれます。
日よけは取り外しが可能です。

Nike エアロビル テイルウインド エリートランニングキャップ

ナイキ 帽子 メンズ レディース エアロビル テイルウインド エリートキャップ NIKE BV2204 軽量、優れた通気性 ランニング ジョギング ウォーキング トレーニングアクセサリー ホワイト

必要な部分に配置されたレーザーカットの通気孔が、フロントパネルとサイドパネルに抜群の通気性を提供。
トレイルでも吸湿性に優れ、さらりと快適な着用感が持続します。

後部のストラップで、キャップのフィット感を片手で調整できます。
ツバとロゴ部分にリフレクティブ (再帰反射) 素材を使用。暗い場所でも安心です。

ミズノ ランニングキャップ J2MW8001

つばがやわらかいので丸めてポケットなどに収納可能。
特殊加工でつばの形が戻りやすく、形が崩れにくい。

バッグに入れて持ち運びたい人におすすめです。

CW-X キャップ HYO499

『CW-Xキャップ』最大の特徴は、非常にに通気性の高い構造であることです。
サイドからバック、つばの内側がメッシュ仕様になっています。

バックのベルトでサイズ調整が可能です。

まとめ:ランニングキャップで快適に走ろう

たかがキャップ、されどキャップ。
ランニングキャップは快適に走るために大切なアイテムです。

お気に入りのキャップを見つけて、ランニングをエンジョイしてくださいね!

コメント

  1. ひろみ より:

    こんばんは😃🌃
    早速の
    ブログ
    ありがとうございました(>.<)y-

タイトルとURLをコピーしました